<< 三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞) | main | 【from Editor】純文学は聖域か(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)

 埼玉などの連続不審死事件に関連し、昨年8月に交際相手の大出嘉之さん(当時41歳)を殺害した疑いで1日に再逮捕された東京都の無職・木嶋佳苗容疑者(35)が所持していた調理器具の「すりばち」から、睡眠導入剤の成分が検出されたことが2日、分かった。

 自慢のお手製料理を紹介していたブログ「かなえキッチン」では、恐ろしいスパイスがレシピに加えられていたようだ。

 埼玉県警は、木嶋容疑者が睡眠導入剤を大出さんに摂取させるためにすりばちで細かくすりつぶし飲食物に混入させた可能性があるとみている。

 大出さんは昨年8月6日に埼玉県富士見市の駐車場で、施錠したレンタカーの後部座席で練炭による一酸化炭素中毒で死亡。遺体から検出された睡眠導入剤の成分は、木嶋容疑者が8月3日に医療機関で処方されたものと一致している。当時、木嶋容疑者は「8月5日に自分の部屋で大出さんと一緒に夕食を食べ、ビーフシチューを振る舞った」と供述。遺体の胃にはビーフシチューが残っていた。

 また、詐欺容疑に関しても新たな事実が発覚した。木嶋容疑者は、結婚話を持ち掛けて複数の男性とやり取りしていたメールのうち、金銭の授受について書かれたものの大半をパソコンから消去していたことが判明。県警は、詐欺が発覚しないように行った隠ぺい工作とみている。木嶋容疑者は大出さんを含む男性6人から合計約1億円をだまし取ったとされている。

 殺人容疑での再逮捕により「婚活詐欺女」から実名報道に切り替わって2日目を迎えた木嶋佳苗容疑者は2日午後、ピンク色の服で顔を覆った状態で車に乗り込み、拘置先の川越署からさいたま地検に送検された。

 【関連記事】
婚活サギ女、調理器具から睡眠導入剤
婚活サギ女、殺人容疑で再逮捕
殺人容疑で女を再逮捕…埼玉婚活詐欺事件
女を来週にも殺人容疑で再逮捕へ…埼玉婚活詐欺

プルサーマル受け入れ自治体へ、交付金復活(読売新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)
アカデミー賞候補に「アバター」など10本(産経新聞)
小学生は科学用語の要点が苦手(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 14:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 還元率
無料携帯ホームページ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM